人生なんて自分次第的な話

蘇日3日目が終わりました


朝からカンファレンスに参加、全世界から150名ほどの管理者が参加されていたかな


夜はワールドグランプリ的な式典でした


創業者の挨拶から始まり、今後のビジョン、時代背景

世界情勢や、政府の動き

財務よりファイナンスの説明から計画

マーケティングからプロモーション、トレードマーケティング

エクスペリエンスへシフトすることなど

(マーケは全然新鮮じゃないのですが、日本はやはり先を行ってます)

すでに中国でお店を出している僕には興味ありまくりですが

基本的には中国語でのはなしで、同時通訳がありますが

こちらは英語と、ほとんど聞けていてないと同じ状態でした

基本的に日本語以外は苦手で、話ができない僕がどうしてこういった場所にいるんだろうと思ったりします


結論的には

英語が話せるようになってからとか、中国語が話せるようになってとか

海外で仕事がしたいから、まずは勉強とか

そんなことをいう人は沢山いますが

僕は声を大にして言いたい

「頭から飛び込んでみれば道は開ける」

自信がついたら行動するのではない

行動するから自信が付くんです

意味が全然違います
飛び込まない人には何も開けない、事実です!!!

僕は今日まで3日間で、世界中の事業家や投資家と出会いました

台湾、中国全エリア、香港、タイ、インドネシア、フィリピン、カナダ、アメリカ、オーストラリアそして僕たち日本

不在でしたが南アフリカ、イギリス、韓国のオーナーもいます


みんな英語を流暢に話します

でも僕は挨拶程度、ここで大きな損をしているのは紛れもない事実ですし

話ができないので自信のなさも表に出てしまう

それでもみんな笑顔で「baba san」って話しかけてくれます

日本人として感じるのは日本はやはり大きな市場だと思われている
自分たちが思う以上に、東京BigCity すごいチャンスがいっぱいだと話になる

僕にしてみれば、海外は場所は選べどチャンスがあるように感じるし
この部分はお互いさまでも、彼らは具体的に日本が魅力的だと話す

食文化、風景、四季、経済力のある都市を抱えている国

そして日本が各国に出ているお店や、日本の情報を知っている

僕は東南アジアの情報に疎いですが、彼らは日本を知っている

言葉は確かに必要で、最優先しなければならないのは確かだけど

なんだってやってみる、行ってみることが何よりも優先することなんだと感じます

そしてさっきも書きましたが、彼らは母国語以外に英語をほぼ完璧に話せて

日本語も挨拶や片言は話したりするから驚きます

英語を話せない人が多いのは日本人と中国人くらいかもしれません

このブログを見て英語や中国語が話せる人にはなんだそんなことかと思うかもしれないけど

その語学を活かせていなければ絵に描いた餅と同じ、無いのと一緒だよね

「数字と語学力」

これが習得できれば十分海外でもチャンスをつかめるかもしれないけど、やっぱり下積み経験こそが真価をもたらす

その姿を見て、誰かが声をかけてくれてチャンスを運んでくる

チャンスはピンチの顔をしてやってくるし

ピンチはチャンスの顔をしてやってくるってよく言うけど

下積み経験こそが目利きを鍛えるし、それがないと見抜けない

誰と知り合うかでチャンスの質が変わるんです

人と知り合い、人とつながり、言葉が通用して、自分にしかできない武器を持てば

この地球ではどうにかやっていけるんだから

しかも各国の人が羨ましがる日本という国で仕事ができている

自分に足りない部分を磨く時間を作っていきましょう

仕事はチャレンジの連続

諦めなければ勝機は訪れます

任されたお店や事業は自分が投資しサインして進んでると思うこと

つまり自分のお金で、自分のお店や事業だったら今と同じ行動か考えること

決して他人ごとにせず、自分の責任だと自覚し覚悟をもって進めること

うまくいけば、あなたのお手柄です

うまくいかなければ僕の責任です

だからあなたの手柄を大いに立てて自信を付けていけばいい
自分の事として考えて、どんどん前進して行動すればいい

そうして自信がついて経験して上手になっていく

僕は高卒です、でも今日APECでスピーチをする方とも談笑してます

元ドイツ銀行の支局長とも笑ってました

先日は香港で普通にお会いしない方とドライブしてます

来週は台湾の政府系企業社長とゴルフです

僕は小さく、何もないけれど、相談された事に諦めたくないから、行動した結果、僕や会社のメンバーまで良くしていただけてます

これがすごいなんて事を言いたいんじゃ無い、ただ過去の延長線にしか今は描けないし

過去が事実だから、認めてもらえるのです
すぐに仕事にならなくたっていいんです、5年待って仕事になればいいじゃない、それだってものすごい価値が高い

残念だけど、武勲は大切、自分が何者か言える事は言葉が通じる通じないを超えていく

人生なんて自分次第、自分次第で会社だって変えられる

みんなが夢を見て成長して、会社を突き上げて僕たち役員を焦らせてくれればいい

チャンスはいくらでも作る、それがGoodFeelingという会社の文化だし、僕の大好きな仕事です

明日から上海です、今日もお疲れさまでした

The following two tabs change content below.
馬場 大介

馬場 大介

株式会社グッドフィーリング 代表取締役社長 株式会社グッドウェーブプロモーション 代表取締役社長 株式会社Bemix 代表取締役社長株式会社グッドウェーブプロモーション
イベント、フィットネス施設運営のスペシャル集団、グッドフィーリンググループ代表。キーワードからシナリオを作り、イベントやマーケティングでの小売店プロモーション、人材モチベーションを支援。感動はLIVEが命を信条に、阿寒湖夏イベント夏希灯やストレッチマンなど実績多数。渋谷、神戸、台北、上海を移動しながら現在3社経営中。
馬場 大介

最新記事 by 馬場 大介 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket