成長する過程の話

東京に帰ります。上海5日間と短い滞在でしたが

連日しっかりスケジュールを入れてくれた

スタッフ… ありがとう…

でも… 優しくないゃゃゃゃ……

中国は6年くらい来てますが
1から海外事業というか、海外で会社を作り

私からすれば外国人の方を採用し

夢を語り、事実を伝えながら、FC本部や

パートナー企業とともに準備に取り組んでますが

どこでも例外なく優秀だと思うかたはいるものですね

一見すると大丈夫?って見える方が

ものすごい実力をはっきしてくれたりします

リーシング担当LEOもそうかもしれません

彼の開拓営業力には頭が下がります

中華系、台湾系、香港系、シンガポール系と

様々な施設、ステージをセットしてもらい

年間イメージを持つことができました。

もちろん結果が出るまで全ては不完全です

しかし材料の調達力がなければ私たち決定者は仕事をすることもできない

そういう意味でも

『お前なんかスゲーーーな』って感心しちゃう

もちろん日本にだってスゲーーー奴らが沢山います。
取締役にも、4G、5Gにも、店長にも

おい、スゲーーーなって思う人がいる

彼らをスゲーーー!って思うときは

いつも共通しているのですが

シンプルに準備の緻密さや、準備へのしつこさだったりする

その過程で報告がしっかりしていたり、部下の行動管理ができていたりする人は

間違いなく結果が伴います

経験上間違いない

大切なことは気付くという感度であり

これは優先順位が低い人にはできない

会社もそうですが、ステージが変わると

中心になるスタッフも変わってきます

会社が置かれている変化に対応するためには私や取締役含め役職関係なく

向上心をもって学びつづけ、スピード感をもち、具体的なPDCAを回し

目的意識を共有するチームを作れる人が

周りから認められ、さらに責任ある立場になっていきます。

そういう意味で、競争力ある会社になってくるし
僕らの会社はどこにできても
どこの国の方でも、どこまでも僕ららしくなれる

良くも悪くも、上海ではすでに風土ができてきて

日本で、これを作るのに何年もかかったのに

いったんできると、どんなステージでも再現できるんだなぁ〜

なんて感心したりしてる 

今日参加の研修メンバー
 

これもブランドがあってのことだし

そのブランドの活かし方を自分たちが理解しているからだと思う

そんな不完全な日本や中国チームに可能性を感じながら、今こそ脇しめていかなきゃね

そんな時が一番足すくわれますからね

では離陸するから帰ります

The following two tabs change content below.
馬場 大介

馬場 大介

株式会社グッドフィーリング 代表取締役社長 株式会社グッドウェーブプロモーション 代表取締役社長 株式会社Bemix 代表取締役社長株式会社グッドウェーブプロモーション
イベント、フィットネス施設運営のスペシャル集団、グッドフィーリンググループ代表。キーワードからシナリオを作り、イベントやマーケティングでの小売店プロモーション、人材モチベーションを支援。感動はLIVEが命を信条に、阿寒湖夏イベント夏希灯やストレッチマンなど実績多数。渋谷、神戸、台北、上海を移動しながら現在3社経営中。
馬場 大介

最新記事 by 馬場 大介 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket