定量データを超える定性データの話

上海に来ないとブログをアップしない馬場です。上海もう暑いですね

朝から半袖でも歩けるくらいで昨日とか

30℃超えてたみたいです

ということで暑い

あっいま日本からこられる

老板 by 老板を空港まで迎えに行ってます

この方 黒川社〜長〜  
さて

ふと思い出したのですが

少し前、店舗物件をお借りするさい

事前審査の段階で弊社の資本金に対し

弊社の店舗数が13店舗、しかも場所が

銀座、新宿、渋谷、自由が丘、神戸三ノ宮など

いわゆる一等地にあることに
少し不安と疑問に抱かれていたオーナー様がいらっしゃいました
ようは小資本金でそんな場所に出店して

大丈夫ですかね、と言うことです
ここの場所は素晴らしい立地で

新築ビルと言うこともあり

私たち以外からも数社申し込みを受けてましたし

当然、ブランドがしっかりしている会社もありました
私は当事者ですし、会社は成長期ということもあり、
借りる側としてはなんとも感じないのですが…

貸す側からすれば当然の不安
いくら店舗業の2倍あるプロモーション事業がありますよと話したところで

そもそも資本金に感しての不安ですので

どう説明しようか考えあぐんでました
弊社プロモーション事業のお客様はみな有名企業ばかりです!

そう言ってもどこまでつたわるか…
一般的に資本金の大きさ=事業規模に映るようで

『大丈夫なのか?』

『なぜそんなに出店できるのか?』

『プロモーション会社がなんで店舗?』

などなど様々思われたようです。
ところがいざ、初めてのオーナー面談になると

終始にこやかで、資本金のことも触れられず

是非よろしくと言うことになったのです
不思議だった私は、つい聞いてしまいました

他ではなく弊社に決められた最終的な『決め手はなんですか?』
オーナーからいただいたのは

『社長さんのブログ読ませていただいたんですよ

しっかりされていて安心しました、

いろいろ考えてられて会社を経営されてますね

是非うちのビルの顔としてこれからも頑張っていただきたい、ブログ楽しみですからまた書いてくださいね』

と励ましていただきました
いろいろ言っていただいたのですが

簡単に書くとこんな感じでした

しかも読んでいただいたのは、一年以上更新していないAmebaブログ

ワードプレスへ引っ越した表記もしてないので

ずっと更新してない状態

とても恥ずかしく、申し訳なく思いました。
ここで書きたいのは

ブログは誰が見てるかわからないという単純なことはもちろんですが

過去の自分が今の自分を応援してくれる

と言うことなんです

ブログには数字や会社案内、ホームページからでは読み取ることが出来ない

『らしさ』を伝えることができると言うこと
今を表す定量データを安心に変えるためにも

ブログと言う定性データが必要だと言うことなんです

また長くなりそうなので、続きはまた書きます今日はここまで!

再见〜

The following two tabs change content below.
馬場 大介

馬場 大介

株式会社グッドフィーリング 代表取締役社長 株式会社グッドウェーブプロモーション 代表取締役社長 株式会社Bemix 代表取締役社長株式会社グッドウェーブプロモーション
イベント、フィットネス施設運営のスペシャル集団、グッドフィーリンググループ代表。キーワードからシナリオを作り、イベントやマーケティングでの小売店プロモーション、人材モチベーションを支援。感動はLIVEが命を信条に、阿寒湖夏イベント夏希灯やストレッチマンなど実績多数。渋谷、神戸、台北、上海を移動しながら現在3社経営中。
馬場 大介

最新記事 by 馬場 大介 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket